管理人室

当サイト管理人について

HN:ひたかみ(日高見)。
基本多趣味で雑食性。漫画・レトロゲーも大好物。
元来はまったりもっさりが信条だがユニコーン再始動以来は精力的にライブ参戦中。
ただし会社員かつ地方組のため出来る範囲でがんばっております。
HNの元ネタは好きな地酒の名前です。別に「日高」さんではありません。
年齢:「ジゴロ」を歌ったペーターより1つか2つ下。
居住地:仙台
その他:【ブログ】「にせまにあ日記ハイパー」
      【twitter】@nisemania(フォローはお気軽に)
その他好きなアーティスト:髭(HiGE)・THE YELLOW MONKEY・吉井和哉・フラワーカンパニーズ・9mm・YMCK・PE'Z・SAKEROCK・ピラニアンズなどなど

管理人とユニコーン

年齢 できごと
1989 小学生 音楽番組で何気なく聴いた「デーゲーム」(二郎バージョン)で爆笑。
たまたまテープで録音しており、しばらく兄弟で聴いては爆笑していた。
今となればこれがおそらくはじめてのユニ体験なのだが、当時の管理人には坂上二郎の曲なんだという認識しかなかった。
90頃? 小学生 姉につきあわされて「夢で逢えたら」を毎週見る。
ユニコーンは出ていたはずだけれど管理人は毎週とにかく眠くてしょうがなく、その他の濃すぎるレギュラーと「働く男」の オープニングしか覚えていない。
またもユニコーンに触れつつ認識しない管理人なのだった。
91〜
92頃?
中学生 当時大好きだった「ごっつええ感じ」
民生と阿部の「風」のメロディーでの一言コーナーみたいなのが特に好きで楽しみに見ていた。
もちろん伝説の民生くんと阿部君のコーナー。
当時音楽にあまり興味がなかった管理人は音楽漫談の人らかと思っていた。
今となれば、当たらずとも遠からずか(苦笑)。
93頃 中学生 友人が「素浪人ファーストアウト」の歌詞が管理人そのものだということで、聴いてみろと 「すばらしい日々」のシングルを貸してくれた。

「素浪人」の歌詞がそのものなんて音楽聴いて非常に微妙な気分になったのだが、 とにかく「すばらしい日々」のすばらしさに参った。

ここにきて初めてユニコーンを意識して聴いたがおそらく解散直後頃のことであった。
93〜 中学生
〜大学生
その後、「VERY BEST」と「VERY RUST」をレンタルし、小さくハマる。
アルバムは「スプリングマン」だけをレンタルし、それ以外はベストだけでいいや、と思っていた。

その後もカラオケで歌ったりしていたがあくまでベリーベストの範囲内。好きだけど、ファンというほどでもなかった。

奥田民生のソロにしても、気が向いたら買うという程度だったし。
03〜 社会人 民生のライブ『E』に行き、その熱気を維持したまま「ULTRA SUPER GOLDEN…」を購入。
何気にDVDを見たところ
「パパは金持ち〜君たちは天使」のPVでショックを受ける。あまりにも楽しそうだったから。
丁度同時期に会社の出張で一週間イヤホンでユニコーンを聴いていたらその録音のマニアックさにも 気がついて嬉しくて仕方なかった。

そこから俄然アルバムやら本やらDVDやら集めだして、こんなサイトまで作って現在に至る。

ひとこと

そんなわけで、解散前ユニコーンにリアルタイムで接することができたかもしれない世代の管理人ですが、 何度かのニアミスを繰り返しつつも、当時全く彼らには無関心に生活していました。

ユニコーン再始動前、周囲にリアルタイムで当時のユニコーンを知る人がほとんどおらず、Wikipediaのようなネット上の 資料がほとんどない状態の中で、今から知ることができる範囲でユニコーンのことは知りたいし、彼らの音楽を楽しみたいと思ったのがこのサイトを作成した発端になっています。
サイト立ち上げ当初は考えもしなかった劇的な再始動を果たした現在ですが、だからこそ明らかになる新たな情報、掘り下げたい視点がどんどん出て来ていて サイト内容については完成はいつまでもなさそうだと思う今日この頃です。
情報はソースが確認できるものを、極力正確にまとめていくつもりですが、自分自身がまだまだ勉強不足のため
啓蒙というスタンスではないので間違いがあれば訂正していただければ幸いです。

ちなみに、奥田民生をはじめとする今現在のメンバーソロには敢えてあまり触れていません。
5人揃った才能のぶつかりあいがユニコーンの醍醐味だと思うので。
ただし、「3人そろえばユニコーン」路線を尊重し、3名以上集まった活動の場合は
扱っていきたいと思います。

どうぞ今後ともご贔屓にしていただければ幸いです。